さや侍

近所の映画館のポイントカードの期限が迫っていて、
ホントは観る気はなかったけど「さや侍」鑑賞。
決して松本人志の映画を封切りに観るほど楽しみにしていた訳ではない。
前情報もあんまりなく観たので、
てっきりお笑い映画と思ったら、
いや、お笑いへの愛はヒシヒシ伝わって来たけど、
ホントのテーマはそこには無かった。
「鞘」って人が捨てることのできない「プライド」や「罪」の象徴なんだろうなあ。
映画であんなに効果的な歌の使い方って初めて、
思わず泣いてしまった。

★★★★☆

ずるいぞ松本人志!
お笑い映画と見せかけた、永遠に続く親子の絆の物語じゃないか!

さや侍公式サイト

映画「ラブリーボーン」

製作スピルバーグ、監督ピータージャクソンってことで見てみましかが、イマイチ。
死んだあと、あの世とこの世のお話は、誰も見ていないながらも、仏教の価値観のつよい日本人なら何となく分かってるし、その昔「ゴースト」でも描かれたのではなかったか。欧米ではまだ珍しい考えなのかな?

正直、主演の少女シアーシャ・ローナンのプロモーションビデオぐらいの意味しかない映画。犯人のキャラクターも「幼女殺害犯」としてはかなりステレオタイプなキャラクターとして描かれていて意外性が無い。演じていたスタンリー・トゥッチが「プラダを着た悪魔」のホモっぽいスタイリスト(副編集長?)だったことが意外だった、それだけ。
そもそも、あの世とこの世の映像を見たかったのだか、サスペンス的要素が邪魔をしてあんまり楽しめなかった。音楽はよかったけどね。
監督も途中で方向性を見失ったような映画。ま、いいかプロモ映画だからね。

★☆☆☆☆

あと、エンドロール長過ぎなかったか?

ラブリーボーン公式ホームページ

映画「Dr.パルナサスの鏡」

「未来世紀ブラジル」以来、テリー・ギリアム監督には一目置いているのだが「バロン」以外はあまり心に刺さらないかも。というか、言うほどこの人の作品、見てないかも。
ま、イメージの世界のヴィジュアライズ化を見たいと思ったのだけれど、それに割かれた時間も多くなくて物足りなかった。ストーリーも非現実的すぎてイマイチ入り込めなかった。
期待しすぎたのか?
一番驚いたのが悪魔役のトム・ウェイツの老けっぷり。ジャームッシュ作品によく出てたのは20年ほど前だから今は老け役でも当然か。

★★☆☆☆

もう何回か見たらよさが分かるかもしれない。
ヒロインの女性は…。
美人と言い切れないけどなんか気になる魅力があります。

Dr.パルナサスの鏡オフィシャルサイト

ICE ライブ「Speak Low」

ここ10年以上、コンスタントに聞いている「自称?」渋谷系バンドICE。
中心メンバーの宮内さんがガンで他界していたのを亡くなった約1年後知ったり、およそファンらしくはないのだが、アルバムはほとんど全部持ってます。
宮内さんが亡くなったのを知ったときは、一度は行ってみたかったライブにはもう行けない悲しみと、新しい曲が聞けない悲しみと、なにより実質もう活動は無いんだろうな、というあきらめで落ち込んでいました。
が、昨年末からライブ再開の報が!
11月末のライブは気がつかず行けませんでしたが、2月8日のは申し込み日をカウントダウンし、受付開始と同時にメールを出したものです。

当日の吉祥寺StarPine'sCafe。
そういえばファンなのに宮内さんと国岡さんしか存じ上げていなかったので、それ以外のメンバーを見られたことが第一の収穫!そしてなんといっても、国岡さんの歌声を生で聴けたこと、空間を共有できたことが何よりの体験でした。そして、あえて宮内さんのギターの代役をたてず、それをキーボードとベースでアレンジしていたのが泣かせます。
残念ながら一番好きな「ECHOS」の演奏はありませんでしたが、他の曲への思い入れが感じられ、曲の感じ方も変わったかも、好きな曲が増えたかな。そして、宮内さん、いたね。

吉祥寺と言えば小中4年間住んでいた場所。そんなノスタルジーも相まって、その夜はなんかフワフワ幸せな余韻が続いたのでした。

次回は6月に大阪だって。「ECHOS」やってくれるんなら行くんだけど…。

ICE オフィシャルブログ

楽曲リストを念のためコピペ

BLUE MOON
ビューティフル・ソング
Life Is Blues
TABOO
ALONE
kozmic blue
HIGH ON LOVE
FUNKY MUSIC SHO NUFF ON
JUNKFOOD JENNY
I saw the light
EYES
GOOD NIGHT
BIG BEAT FROM THE CITY
WAKE UP EVERYBODY
=en=
TEA 4 TEE
Sausalito Callin'
INTO THE SUN
ラヴァーズ・ロック

「オレが死ぬまでICEは続く、オレが死んでも曲は残る」
いい意味で裏切り続けてほしいね。

ニューイヤーミーティング2010

1月31日、恒例のクラッシックカーイベント「ニューイヤーミーティング2010」に行ってきた。
やってることは相変わらず。お台場の駐車場でやってますが、公園の整備やなんかで工事中。結果、去年より会場が狭かったかも?このまま規模が小さくなってなくならないでね。
でも今年は観客が多かったような気がします。今年のオートサロンも観客は去年の1.2倍とか。一方、東京モーターショーは…、ご存知の通り。
なんかここら辺に景気回復のヒントが隠されている??

画像


画像


ほんと相変わらずです。

PowerShot G11購入!

ようやく新しいデジカメ購入。
フィルムのEOSを持っており、交換レンズが数本あるのでEOS Kiss X3でもいいのでデジイチを購入予定。が、他社から「バリアングル搭載」とか動画機能競争とか始まったのでしばらく様子見。
そこで、少し前から気になっていた、見た目クラカメっぽいG11を購入。
画像

Canon PowerShot G11
やっぱりこれぐらいのサイズじゃないと持ち運びしにくいですね。
デザインは大満足。特に二段シリンダー構造になっているモードダイヤルにはクラクラ。完全マニュアル操作も可能なので凝った撮影もできそう。その分操作はめんどくさそうだけど、普段は絞り優先とかオートにしておけば間違いないでしょう。
あとは、F1撮影用にテレコンバータを買ってみようか。

これで9年半も使い込んだSony CyberShot F505Vはようやく退役。
真っ先に衰えたバッテリーを中国製の「互換バッテリー」でごまかしつつ使っていたけど、もう限界。まだまだお気に入りのデザインだけど、10年前のデジカメ性能はさすがに今では時代遅れです。お疲れさんでした!

F1離れ?

ホンダに続きBMWとトヨタがF1から撤退。
ルノーも来年はルノーブランドで参加らしいが、チームは半分売ってしまったようなもの。
ブリジストンは来年の契約を全うして契約更新をしないとのこと…。
やっぱりF1は今、大きな帰路に立たされているのかな、と。

今おぼえば、6月頃の分裂危機のとき、思い切って分裂してしまえば面白かったのではないか??
そのとき明るみに出た、FIA(FOM?)からの収益分配金がチームに支払われていない問題。
結局これはちゃんと解決できたんかいな。
(原因はバーニーの資金運用ミス)
みんな「F1は金がかかる」というけど、ちゃんとこの分配金で
利益もあるんだから、F1だけで「トントン」になるように
枠組みを作ればいいんだと思うんだけどね~。
カルロス・ゴーンも同じこと言ってた。

可夢偉がザウバーと交渉中との話もあり、
琢磨がロータスと交渉中との話もあり…。
まだまだ不完全燃焼の琢磨にがんばってもらいたいけど、
新規チーム(+コスワースエンジン)じゃ、上位は望めないだろうし…。
でも、メーカーの援助がなくなって参加するからこそ、
真の実力が認められた証拠ということですね。