ガンダム

今年はガンダム誕生(放送開始)30周年ということでいくつか催しが実施されるとのこと。この夏の目玉はなんと言ってもお台場に作られた「原寸大ガンダム」。
正式オープンは7月11日からだけど、8月からは肩に五輪誘致のマークがつけられるというから、見える内に見ておこうと言うことでお台場に出かける。さすがに原寸大はすごい迫力。何もない野原にひとり仁王立ちもいいが、スケール感がイマイチつかめないので、ホテルの横にスクッと立ってるのも市街地戦っぽくってよかったかも。
いや、この風景を見ると現代の観音像か大仏さま。
日本は誰から身を守っているんでしょう?あ、日本映画好きな将軍さまのあの国か。

画像


あと、5月だったか、アニマックスでガンダム30周年の特番があり、ファーストシリーズの主要キャラの声優や富野、安彦、大河原の3人が当時の様子を語っていた。大河原さんはいわずと知れたメカデザインの第一人者。尊敬すべきデザイナーの一人の話が聞けたのは貴重。そして、富野氏が言っていた一言が心に突き刺さる。曰く。
「私のような特段才能もない人間が、ああいう立場に立つと現場を回すために威張るしかなかった。そうしないと作品のコンセプトがぶれる。それが一番よくないことだった。」
う~ん、なるほど。富野氏が才能ないとは思わないが、これはリーダーに必要な1つの帝王学かも。インプット!

GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック