祝誕生「Brawn GP」

ようやく発表のあったホンダF1チームの売却。結局ロス・ブラウンが買い取る形でチームは存続することに。どうやら今まで言われているMBO(マネージメント・バイ・アウト)ではないらしいが、よく分からん。そのうち今宮さんや川井ちゃん辺りが解説してくれるでしょう。
もし、本当にチームを潰すことになっていたら、ロス・ブラウンやジェンソン・バトンらの才能を無駄にすることになっていたので、それこそホンダの罪は大きなものになっていたところ。結局、潰すのにもお金がかかるから、ホンダも資金を提供することでなんとか成立したらしい。多分、資金は弱小フォースインディアと同じようなものでしょう。ま、走ってくれるだけでよしとしましょう。
あと、少し気になるのがニック・フライがこのチームにどう関わるのか。ホンダ撤退のA級戦犯がどうやら追放されたとか言う話もありますが、それでも「今更」感が拭えません。オーストラリアのパドックにはちゃっかりいたりして。シーズン入ってみないと分かりませんね。
まずは、ひと安心。

Brown GP

新生『ブラウン・グランプリ』の体制が正式発表される

"祝誕生「Brawn GP」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント